4月もアルバム放出します。何か気になるのがあればspotifyでもapple musicでも活用して聴いてみてください。
アーティスト名 – アルバム名、カッコ内の点数は(曲 構成 ノリ メロディ 中毒性 後味 表現力 好き=総合点)の各10点で80点満点で採点しています。あくまでその時の個人的な感想の点数なので客観的な評価ではありませんし今後変動もあり得ます。では。

邦楽

MGF – Real Estate (4 5 5 6 4 4 5 4=37)
突然少年 – Thank you my Friend and my Family (5 5 6 5 3 4 5 5=38)
C&K – TEN (6 5 5 6 4 4 4 4=38)
日向坂46 – キュン (7 6 6 6 5 5 6 5=40)
劇場版「若おかみは小学生!」オリジナルサウンドトラック (6 6 5 7 5 5 7 5=46)
bird – 波形 (5 6 5 6 6 6 7 6=47)
Yamie Zimmer – Arsonist Under (7 7 8 6 6 6 5 6=51)

アナ – 時間旅行 (8 6 8 7 5 6 6 6=52)

Price: ¥ 1,944










これはこれでありじゃないかな。まさにドポップで選り好みをさせない感じが凄く好感持てていい。


 

集団行動 – SUPER MUSIC (8 8 7 8 5 6 6 6=54)
Sweet William – Jasmine Instrumentals (7 7 7 8 6 6 7 6=54)

Yackle – FRANK THROW (7 6 8 6 8 6 7 7=55)

Price: ¥ 2,500










なんとも不思議な感覚にさせるアルバム。カオスの中にキャッチーさとピュアさがあって、曲ごとに違った姿を現す。まだYackleが何者なのか調べていないけど、すごく気になる存在。

ATATA- Rythmique (8 7 8 7 6 6 6 7=55)
Yogee New Waves – BLUEHARLEM (8 6 7 7 8 6 7 7=56)

RYUCHELL – SUPER CANDY BOY (9 6 7 8 5 6 7 8=56)

Price: ¥ 2,000









りゅうちぇるのソロ作品。こういうの好き。

Yo-Sea – 7878 (8 7 6 7 7 7 7 7=56)
SEKAI NO OWARI – Lip (8 8 6 7 7 8 8 8=60)

Price: ¥ 3,240









もしかしてセカオワとんでもないことになってる??と疑ってしまう。いや疑う必要なんてないか、もう十分にヤバイ!!「Eye」の方は五月に回しておく。今「Lip」と「Eye」のどちらが優れているかを決めるのは難しいからだ。

君島大空 – 午後の反射光 – EP (8 8 8 8 9 7 7 8=63)

Price: ¥ 1,620









いや、よからぬ新人がまた登場してきた。困ったぞ。なんだこの空気は。そんなオーラたっぷりな曲を出すんじゃない!と思わず咎めたくなるくらいに良い。


Dos Monos – Dos City (8 8 8 8 8 8 9 8=65)

Price: ¥ 2,700









あの崎山くんも絶賛したDos Monos。間違いない。これは売れる。



ミツメ – Ghost (8 8 8 8 8 9 8 8=65)

Price: ¥ 3,024









昼下がりに聴きたいアーティストNo.1。全体的にすごく締まっている。統一感もあってすごくアルバムとしての仕上がりがよい。


Suchmos – THE ANYMAL (9 9 7 7 8 8 9 8=65)










こんなことされたらもうどう扱っていいのか困る。こんなに振り切って全員を敵に回そうかというくらいのひん曲がりっぷりは脱帽。それでいてめちゃくちゃ深度がある。いろんなアーティストに喩えられそうだけど、ギターはオアシスっぽさもあるけど全体的な仕上がりはレディオヘッドみたいな。ちょっと聴いてほしい。これは聴いてほしい。

洋楽

These New Puritans – Inside the Rose (5 4 3 3 2 3 4 4=28)
angelic milk – Divine Biker Love (4 3 5 5 3 2 4 3=29)
Band of Skulls – Love Is All You Love (5 3 4 4 3 4 4 4=31)
Orville Peck – Pony (4 5 5 4 4 3 4 3=32)
Dave – PSYCHODRAMA (4 3 6 5 4 4 3 4=33)
Priests – The Seduction of Kansas (4 6 4 5 4 3 3 5=34)
Wayes Blood – Titanic Rising (4 4 5 5 4 3 5 4=34)
Son Lux – Remnants (4 4 5 4 5 4 6 4=36)
Glen Hansard – This Wild Willing (6 5 4 3 4 6 5 3=36)
Joni Void – Mise En Abyme (5 4 6 4 5 4 4 6=38)
Chris Potter – Circuits (6 6 4 4 4 5 5 4=38)
MANA – SEVEN STEPS BEHIND (6 4 4 3 7 5 6 4=39)
Shafiq Husayn – The Loop (6 5 4 4 5 5 5 5=39)
Yaron Herman Trio – Songs of the Degrees (5 5 5 7 4 4 5 5=40)
Andrew Bird – My Finest Work Yet (6 5 5 5 5 4 5 5=40)
Sara Bareilles – Amidst the Chaos ( 6 6 6 5 5 4 5 4=41)
FEELS – Post Earth (5 5 6 4 6 5 5 5=41)
Pure Bathing Culture – Night Pass (6 5 7 6 5 4 5 4=42)
Signals – Moon Fiction (5 7 5 5 6 5 4 5=42)
White Denim – Side Effects (6 6 4 5 5 5 6 5=42)
Norah Jones – Begin Again (6 7 6 7 6 6 7 7=42)
Lafawndah – Ancestor Boy (7 5 5 6 4 5 6 5=43)
Wand – Laughing Matter (7 5 5 4 5 6 5 6=43)
NCT 127 – Awaken (6 6 7 5 5 5 5 6=43)
Snarky Puppy – Immigrance (5 5 7 5 4 6 6 5=43)
Mark de Clive-Lowe – Heritage II (7 7 5 6 4 4 5 5=43)
beabadoobee – Patched Up (6 6 4 6 5 5 6 6=44)

Price: ¥ 708









ビジュアルはめっちゃかっこいい。


一目ぼれするほど見事な一枚。音楽はね、もうひとつかな。悪くないけどパンチが弱い。

Jesse Gannon – Jesse Gannon (6 5 6 5 5 5 6 6=44)
The Score – Pressure (7 6 5 6 5 4 6 5=44)
Quelle Chris – Guns (6 6 7 4 6 5 5 5=44)
CHRISTIAN SCOTT – Ancestral Recall (6 4 5 7 5 6 7 4=44)
HOTT MT – Earth on Heaven (5 6 7 6 5 6 5 5=45)
Jan Verstraeten – Cheap Dreams (6 6 5 6 6 6 5 6=46)
Mikael Lind – Contingencies (6 8 5 5 6 7 5 5=47)
Catfish and the Bottlemen – The Balance (6 6 7 6 5 6 5 6=47)
Dean Lewis – A Place We Knew (6 7 7 6 5 5 5 6=47)
Stats – Other People’s Lives (7 7 5 6 5 6 6 6=48)
Kakkmaddafakka – Diplomacy (6 7 7 6 5 5 6 6=48)
Jards Macalé, Juçara Marçal & Romulo Fróes – Besta Fera (7 7 5 5 6 6 6 6=48)
Cherry Glazerr – Stuffed & Ready (6 5 6 6 7 7 6 6=49)
The Western Den – A Light Left On (5 6 6 6 7 6 6 7=49)
The Japanese House – Good at Falling (6 7 6 8 5 6 6 6=50)

Price: ¥ 1,849









正直期待外れだったかも。リード曲はさすがにいい曲なんだけどアルバム曲が地味。構成自体はすごくきれいでいいんだけどなにせ地味。そんなもんなのか。

FKJ – French Kiwi Juice (6 7 6 6 6 7 6 6=50)

Price: ¥ 1,800









コーチェラでも楽しませてくれたFKJのアルバム。及第点レベルなのはシンプルにまとまり過ぎてるからかも。

Oavette – Oavette (7 9 7 6 6 6 7 6=54)
GIRLI – Odd One Out (7 6 6 8 6 7 7 7=54)
Weezer – Weezer (Black Album) (7 7 8 8 6 6 6 7=55)

Jai Wolf – The Cure to Loneliness (8 6 7 7 7 6 7 7=55)










Circa Waves – What’s It Like Over There? (7 7 8 6 7 8 6 7=56)
Lambchop – This (Is What I Wanted to Tell You) (8 6 6 6 7 7 7 7=56)
Jade Bird – Jade Bird (8 7 7 8 6 6 7 8=57)

Anderson.Paak – Ventura (8 7 7 7 7 7 8 8=59)

Price: ¥ 1,201









やっぱりアンダーソンパークは他のラッパーとは一線を画すような、そんな気がする。それくらいに異質で天才的なリズム感を持ってる。それはコーチェラで観たときに確信に変わった。日本人には決して持ち合わせない(差別的かな?)音楽の脳が備わってる。



Ibibio Sound Machine – Doko Mien (8 7 9 7 7 7 7 8=60)

Price: Out of stock









生涯に残るアルバムかと問われたらそうじゃないかもしれないが、やっぱりいつもこういう新しい発見には胸ときめかせるし嬉しいもの。

Rome in Reverse – We’ve Been Here (8 8 7 8 8 7 7 7=60)
Lizzo – Cuz I Love You (7 8 9 7 8 7 7 7=60)

Price: Out of stock









爆発的にパワフルでエネルギッシュなLizzoのデビュー作。コーチェラでも見たけどものすごい力技。音が止まろうがなんだろうがお構いなしにぐいぐい客を引っ張っていく。新人とは思えない貫録とステージパフォーマンス。今後が気になる。



Wallows – Nothing Happens (8 7 8 9 8 8 8 8=62)

LSD – LABRINTH, SIA & DIPLO PRESENT… LSD (8 8 9 7 7 8 7 8=62)










よくわかってないんだけど、なんかすごいメンツが共作していることは理解した。Siaの恐ろしさも伴に理解した。この面子で負けてないのはすごいとしか。てかなんだこれおもしろすぎるだろ。



Solange – When I Get Home (8 8 7 9 7 8 8 8=63)










やっぱりソランジュは強い。最初から最後までずっと圧倒される。ノリがよくてキャッチーってわけではないんだけど、アルバムの意義を推してくれるような、そんな完成度。ジャンル関係なく聴いておくべき一枚。