今年もこの季節が来ました。2018年にリリースされたアルバムで私が聴いた269枚の中からベスト50を選びます。
過去の洋楽ランキングはこちら
2015年洋楽アルバムランキング50
2016年洋楽アルバムランキング50
2017年洋楽アルバムランキング50

対象基準は以下の通り

  • 2017年12月~2018年11月に発売・配信されたアルバム
  • リミックス・再録音などは含まない
  • Epもアルバムとしてカウントする

ではまずベスト50に漏れたアルバム達を紹介する。

50位以下(アルファベット順)

Aca Seca Trio – Trino
The Aces – When My Heart Felt Volcanic
Actress × London Contemporary Orchestra – LAGEOS
Allie X – Super Sunset
Altopalo – Frozenthere
Anchorsong – Cohesion
Andy Jenkins – Sweet Bunch
Anteloper – kudu
Ariana Grande – Sweetener
awakebutstillinbed – what people call low self-esteem is really just seeing yourself the way that other people see you
Barbra Streisand – Walls
Bass Drum Of Death – Just Business
boy pablo – Soy Pablo
Bell And Sebastian – How to Solve Our Human Problems, Pt.2
Bonny Doon – Longwave
Boys – Rest in Peace
Brandon Caleman – Resistance
BROCKHAMPTON – iridescence
BTS – LOVE YOURSELF 轉 ‘Tear’
Burnt Friedman – The Pestle
Calexico – The Thread That Keeps Us
Camila Cabello – Camila
Cardi B – Invasion of Piivacy
THE CARTERS – EVERYTHING IS LOVE
The Charlatans – Totally Eclipsing
Chris Dave & The Drumhedz – Chris Dave & The Drumhedz
Christina Aguilera – Liberation
Chromeo – Head Over Heels
Clean Bandit – What is Love?
Computer Magic – Danz
Courtney Barnett – Tell Me How You Really Feel
Current 93 – The Light Is Leaving Us All
CUT CHEMIST – Die Cut
Death Cab For Cutie – Thank You for Today
Dirty Projectors – Lamp Lit Prose
Dream Wife – Dream Wife
East Man – Red, White & Zero
Eminem – Kamikaze
Eminem – Revival
Evergreen – Overseas
Fall Out Boy – M A N I A
FALSETTOS – FALSETTOS
Farao – Pure-O
Father John Misty – God’s Favorite Customer
THE FEVER 333 – Made an America
First Aid Kit – Ruins
Frankie Cosmos – Vessel
Franz Ferdinand – Always Ascending
FRIGS – Basic Behaviour
Gigi Masin – Kite
Goat Girl – Goat Girl
GoGo Pengin – A Humdrum Star
Gorillaz – The Now Now
The Go! Team – Semicircle
Tee Grizzley – Activated
Guardin – Outsider
Haich – Unbalanced
Half Wife – Lavender
Hatchie – Sugar&Spice
Hermeto Pascoal – Hermeto Pascoal E Sua Visão Original Do Forró
Her’s – Invitation to Her’s
HiNDS – I don’t run
Holy Other – Held
Honey Hahs – Dear Someone, Happy Something
HONNE – Love Me / Love Me Not
Hoobastank – Push Pull
Hop Along – Bark Your Head Off, Dog
Howie Lee – 自然灾害
Iceage – Beyondless
In Tall Buildings – Akinetic
The Internet – Hive Mind
iSubelo, Cuba! – Havana Cultura
iZNiik – Ep 3
Jack White – Boarding House Reach
Jain – Souldier
James Bay – Electric Light
James McAlister – Three Breaths
Jamie Isaac – (04:30)Idler
Justin Timberlake – Man of the Woods
Javier Santiago – Phoenix
Jean Grae&Quelle Chris – Everything’s Fine
Jessie Villa – Slow Motion
Joe Armon-Jones – Starting Today
Joey Pecoraro – Music for Happiness
Joey Purp – Quarterthing
Joyce Manor – Million Dollars to Kill Me
JPEGMAFIA – Veteran
Kali Uchis – Isolation
Kamasi Washington – Heaven and Earth
Kelly Khumalo – Unleashed
khai dream & Atwood – Nice Colors
Kiefer – Happysad
Kink Gong – Music Is Not a Copy
The Kooks – Let’s Go Sunshine
KT Tunstall – Wax
Kylie Minogue – Golden
LaLa LaLa – The Lamb
Lauren Auder – Who Carry’s You
Leon Vynehall – Nothing Is Still
Letherette – Brown Lounge, Vol.2
Let’s Eat Grandma – I’m All Ears
Lido – I O U 1
Lil Yatchy – Lil Boat 2
Lily Allen – No Shame
Logic – Bobby Tarantino Ⅱ
Louis Cole – Time
Luby Sparks – Luby Sparks
Lucky Daye – I
Mac Ayres – Something to Feel
Madeline Kenney – Perfect Shapes
MAGIC! – Expectations
Mariah Carey – Caution
Marian Hill – Unusual
Maribou State – Kingdoms In Colour
Marie Davidson – Working Class Woman
Marquis Hill – Meditation tape
The Messthetics – The Messthetics
me withoutyou – [Untitled]
Migos – CultureⅡ
Milk & Bone – Deception Bay
Mint Field – Pasar de las Luces
Mitski – Be the Cowboy
MØ – Forever Neverland
Monsoonsiren – Creature Hum
Mumford & Sons – Delta
Muncie Girls – Fixed Ideals
Muse – Simulation Theory
The Naked&Famous – A Still Heart
Nao – Saturn
Nas – NASIR
Natalia Lafourcade – MUSAS
Natalie Evans – Better at Night
NCT127 – NCT127# Regular Irregular
Neneh Cherry – Broken Politics
Ne-Yo – GOOD MAN
Nine Inch Nails – Bad Witch
No Age – Snares Like a Haircut
No Tongues – Les voies du monde
Octavian – SPACEMAN
Oneohtrix Point Never – Age Of
Owl City – Cinematic
The Orielles – Silver Dollar Moment
Pale waves – My Mind Makes Noises
Paul McCartney – Egypt Station
Peace – Kindness Is The New Rock And Roll
Pete Astor – One For the Ghost
Petit Biscuit – Presence
plant cell – Landscape
Playboi Carti – Playboi Carti
Project Pablo – Come to Canada You Will Like It
Puma Blue – Blood Lose
Qiezi Mabo – Premium Fried Chicken
RAT BOY – CIVIL DISORDER
Ray Barbee – Tiara for Computer
Red Velvet – #Cookie Jar
R3HAB – The Wave
Rejoicer – Energy Dream
Rich Brian – Amen
Rich The Kid – The World Is Yours
Robyn – Honey
ROSALIA – EL MAL QUERER
Ross From Friends – Family Portrait
Saba – CARE FOR ME
Sango – In the Comfort Of
Scuba – Caibu
serpentwithfeet – soil
The Shacks – Haze
Shame – Songs of Praise
Shawn Mendes – Shawn Mendes
Sheck Wes – MUDBOY
Sigrid – Raw
Skee Mask – Compro
Smerz – Have Fun
Snail Mail – Lush
Snow Patrol – Wildness
The Soft Moon – Criminal
Spiritualized – And Nothing Hurt
Starchild & The New Romantic – Language
Still Parade – Soon Enough
The Story So Far – Proper Dose
Suede – The Blue Hour
Superchunk – What a Time To Be Alive
Suzy – Faces of Love
Swearin’ – Fall into the Sun
Taken By Trees – Yellow to Blue
Teenage Wrist – Chrome Neom Jesus
Tess Roby – Beacon
Third Eye Blind – Thanks for Everithing
Thirty Seconds to Mars – America
Thutmose – Man on Fire
The Ting Tings – The Black Light
Tobi Lou – tobi lou and the Loop
Tory Lanez – MEMORIES DON’T DIE
Tove Styrke – Sway
Tracy Thorn – Record
Travis Scott – ASTROWORLD
Troye Sivan – Bloom
TT – LoveLaws
Twin Shadow – Caer
Tyhoon – Offerings
Urban Cone – 10-18
The Vaccines – Combat Sports
Value Void – Sentimental
Vance Joy – Nation of Toy
Vessel – Queen of Golden Dogs
The Vines – In Miracle Land
The Voidz – Virtue
Wallgrin – Bird/Alien
The Weeknd – My DearMelancholy,
White Denim – Performance
Why Don’t We – 8 Letters
Wiki – No Mountains In Manhattan
William Crighton – Empire
WINNER – EVERYD4Y-KR EDITION-
X-Altera – X-Altera
Years&Years – Palo Santo
Yo La Tengo – There’s a Riot Going On
You Me At Six – Six
Zoology – Bloom
5 Seconds of Summer– Youngblood



 

50位~41位

 

50位 Princess Nokia – A Girl Cried Red

A GIRL CRIED RED [Analog]

 

49位 Nile Rodgers & Chic – It’s About Time

It's About Time

 

48位 Barney Artist – Home Is Where the Art Is

Home Is Where the Art Is [Explicit]

 

47位 Blood Orange – Negro Swan

Negro Swan

 

46位 XXXTENTACION – ?

?

 

45位 Audio Dope – Audio Dope

Audio Dope

 

44位 Logic – YSIV

YSIV

 

43位 Arctic Monkeys – Tranquility Base Hotel & Casino

Tranquility Base Hotel & Casin

 

42位 Devon Welsh – Dream Songs

Dream Songs

 

41位 Ella Mai – Ella Mai

Ella Mai [Explicit]

 

50位のプリンセスノキアは前作がよかったので、一回聴いてピンと来なくても繰り返し聴いてたら良さ分かってくるんじゃないかと期待値含め辛抱強く聴いていたら、ここ数週間でだいぶクセになってきた。XXXTENTACION、BLOOD ORANGE、LOGICと前作の評価が高かったものが40位台止まり。

 

 

40位~31位

 

40位 Triple One – The Naughty Corner

The Naughty Corner [Explicit]

 

39位 KIDS SEE GHOSTS, Kanye West & Kid Cudi – KIDS SEE GHOSTS

Kids See Ghosts

 

38位 Charlie Puth – Voicenotes

Voicenotes

 

37位 Young Fathers – Cocoa Sugar

Cocoa Sugar [帯解説・ボーナストラック2曲収録 / 国内盤] (BRC566)

 

36位 Night Flowers – Wild Notion

WILD NOTION

 

35位 Jenn Champion – Single Rider

SINGLE RIDER

 

34位 ZHU – RINGOS DESERT, PT.1

Ringos Desert Pt.1 [Explicit]

 

33位 Sasha Sloan – sad girl

sad girl [Explicit]

 

32位 Anderson .Paak – Oxnard
OXNARD

 

31位 Rejjie Snow – Dear Annie

Dear Annie

 

Young Fathersはアルバム全体ももちろんよいのだが、ここまで順位を上げられたのは「In My View」の完成度に他ならない。今年の洋楽の中でもほぼパーフェクトに近い。凄い曲。11月ギリギリに出たAnderson .Paakのアルバムもここまで食い込んだ。もっと時間かけて聴けばもっと好きになれると思う。

 

 

 

30位~21位

 

30位 Soccer Mommy – Clean

クリーン

 

29位 A$AP Rocky – TESTING

Testing [Explicit]

 

28位 The Apx – Electrik Funk

Electrik Funk

 

27位 Rae Sremmurd – SR3MM

SR3MM [Explicit]

 

26位 CHVRCHES – Love Is Dead

Love Is Dead

 

25位 Tom Odell – Jubilee Road

JUBILEE ROAD

 

24位 Moodoid – Cite Champagne

Cité Champagne

 

23位 Vince Staples – FM!

FM! [Explicit]

 

22位 Kanye West – ye

イェー

 

21位 88rising – Head in the Clouds

Head In The Clouds [Explicit]

 

joji含め、88risingの躍進はすさまじかった。すっかりアジアも中韓に持っていかれてる。日本の音楽はどうすればいいのだろうなんて考えてる。こんなにいい曲どうやって作るんだ、と。才能はあってもこれを作って売ってくれる会社がない。多分。

 

 

20位~11位

 

20位 superorganism – superorganism

SUPERORGANISM/JEWEL CA

 

19位 Friday Night Plans – LOCATION-Los Angeles-

LOCATION - Los Angeles

 

18位 Oracle Hysterical – Hecuba

Hecuba

 

17位 La Maison Noir – The Black House

La Maison Noir / The Black House

 

16位 SOPHIE – OIL OF EVERY PEARL’S UN-INSIDES

Oil Of Every Pearl's Un-Insides

 

15位 Joji – In Tongues

In Tongues (Deluxe) [Explicit]

 

14位 HYUKOH – 24:How to find true love and happiness

HYUKOH (ヒョゴ) EP - 24 : How to find true love and happiness

 

13位 George Clanton – Slide

Slide [Explicit]

 

12位 Roosevelt – Young Romance

Young Romance

 

11位 Ammar 808 – Maghreb United


MAGHREB UNITED

 

意図せず、南アフリカのLa Maison Noir、北アフリカのAmmar 808がランクインする国際色豊かなラインナップに。アジア人初のビルボートヒップホップ部門で1位を獲得したjojiは日本人(オーストラリアとのハーフでニューヨーク在住)、HYUKOHは韓国、Rooseveltはドイツ、superorganismはボーカルのオロノを含む多国籍バンド、と今の自分がどんな方向にアンテナが張っているのかよくわかるラインナップとなった。

 

 

10~1位

10位 Fickle Friends – You Are Someone Else

You Are Someone Else [Explicit]

イギリスの、これこそポップロックだと言わんばかりのキラキラした音楽。絶対日本人は好きだし、ポップ好きの私にはたまらない一作だった。今年のBBCのフェスもかっこよかったし、来日しなさそうだけど来日してほしい。なによりボーカルのNatassja Shinerのタトゥーがかわいい。

 

 

9位 Janelle Monáe – Dirty Computer

ダーティー・コンピューター

独特な世界観だけどちゃんとポップに腰を下ろして提示してくれている。聴いているうちに「I Like That」のような艶っぽさも「Take A Byte」のような異国へ誘うような空気感も持ち合わせた、素晴らしいアルバム。

 

8位 John Hopkins – Singularity

Singularity

美しい、以外に形容することはない。彼の名で思い出すのはColdplayの「Viva la Vida or Death and All His Friends」での制作参加だが、ひさしぶりに彼自身の英知の集合体であるアルバムが聴けることに興奮した。apple musicはこのアルバムを「高揚から平穏へ」と名しているが、まさにその通りで、今年急逝したヨハンヨハンセンにも通ずる「何か起きそう感」をひしひしと感じる音楽だ。決して単調にならず、彼のcoldplayから学んだ(2014年にはGhost Storiesも共作している)高揚感を見事に調和している。

 

 

7位 Drake – Scorpion

SCORPION

アメリカで今年最も流行った「In My Feelings」は社会現象にもなり、アメリカ中で「In My Feelingsダンス」が流行り、ネットに投稿された。できる限りの楽曲を詰め込んだ2枚組、25曲は前作やあるいは前前作ともまた違った、2018年度版のドレイクの姿がみられた。このとっつきやすさと歌いやすさとフックの多さは時にヒップホップオタクから物申されることもあるが、名実ともに世界一のラッパーであることは今更語るまでもない。1枚目では金や名声について歌い、2枚目はよりパーソナルな部分に言及する。同じくトップラッパーのカニエウェストが様々な政治スタンスを表明して叩かれている一方で、MVで慈善活動をするドレイクにはしたたかさが垣間見える。

 

 

6位 Tom Misch – Geography

Geography [帯解説・歌詞対訳 / ボーナストラック2曲収録 / 国内盤] (BRC564)

今年の新人候補の一人であるトムミッシュ。これほどの完成度を20そこそこの青年が作り上げてしまうのだから世界は広い。実際、サマソニでも来日し、私も全力で見に行ったのだが、パフォーマンスこそまだ向上の余地があるとはいえ、そのたたずまいはベテランのそれだった。今後に期待が持てる。

 

 

5位 Black Panther: the Album

Black Panther: The Album

映画「ブラックパンサー」も快作だったが、そのコンセプトによってつくられたこのアルバムはどう形容していいのかわからない。メインコンポーサーはケンドリックラマーだが、SZAとのコラボとthe weekndとのコラボでは全く違った顔を見せている。そしてどちらも最高だ。マーベルにとって初めてのブラックが主人公の映画だが、それにふさわしい人選と恣意的なアルバム。参加しているアーティストもそうそうたるもので、今のヒップホップ/トラップブームをけん引しているメンツばかりでアツい。アンダーソンパークもミーゴスもフューチャーもトラヴィススコットもいる。2018年のアメリカの、いや世界のスタンダードを知りたければこのアルバムを聴けばとりあえずわかると思う。個人的にはジェイムスブレイクが参加している「King’s Dead」が最高にかっこいいのでぜひ聴いてほしい。

 

4位 A.A.L – 2012-2017

2012 - 2017

ニコラス・ジャーの別名義。初のアルバムでいままで作ってきた楽曲をつめこんだベスト的なものになっている。A.A.L.とはAgainst All Logicの略。直訳すれば「すべての理論に反対する」みたいな。残念ながら彼のインタビューは読んでおらず(というかあるのかすら知らない)、詳しい意図もコンセプトも不明だが、楽曲の良さだけは聴けばわかる。元々すごく緻密な音を重ねていくスタイルのアーティスト(と認識している)なので、冒頭から仰々しい「This  Old House Is All I Have」には面食らった。でも「I never Dream」「Rave on U」のような緻密で狂ってくるようなリフレインは健在で、二倍楽しめる。

 

 

3位 THE 1975 – A Brief Inquiry into Online Relationships

A Brief Inquiry Into Online Relationships

12月1日にこの記事を発表するというのにこのアルバムは11月30日の深夜にリリースされた。しかしそれはあまりにセンセーショナルで、2018年のロックバンドの新しい岐路を示す後世に語り継がれるレベルのアルバムだった。恥ずかしながら知識を持ち合わせていないのだが、radioheadの「OK computer」を彷彿とさせるのはなぜだろうと1日考えた。単に私自身が安直な人間であることはさりとて、これだけ多数の人がそう思ったのはやはり意味がある。「Thw Man Who Married a Robot/Love Theme」の朗読が「Fitter Happier」に近しいからか。不穏に始まる「The 1975」から今作のシングルでありキラーチューンである「Give Yourself a Try」への流れが「airbug」からの「paranoid android」に通ずるからか。やはりどれも表面的で安易な発想ではあるが、どちらもロックの停滞期にだされた作品であるというのは見逃せない。あまりradioheadに結びつけるのはよくないのでthe 1975自身にスポットを当ててみると、ヒップホップの台頭でアメリカのビルボードはいつみてもラップで埋め尽くされている。世界のポップミュージシャンはこぞって彼らをフィーチャリングで迎えようとする。ロックは終わったのだろうか。今までと同じような形ではだめなんだろうか、という停滞感は否めない。だから彼らはキラキラポップスを放り投げた。すべてではないが、それを押し出すのをやめている。ときにthe smithsのような女々しさも、princeのような妖艶さも、そしてかつてのthe 1975も、いろんな角度から姿が照らし出される。それはまるで万華鏡のような、キラキラしているのに今までとは全然違う美しさをまとっている。

これが今リアルタイムで、ある程度経験と知識を持った中で同じ音楽仲間同士で感動を分かち合いながら聴けていることを本当に誇らしく思う。勢いで1位にしてしまいそうだったけど、さすがに1年聴いて悩んでやっとランキング化したものを一瞬で覆すのは深夜のテンションだと思いやめた。が、この文量こそが、どれほどこのアルバムに衝撃を受けているのか如実に表している。

 

 

 

2位 Rhye – Blood

Blood

 

ジャケットはモノクロだけど、中身の音楽でこれを色づけていく。そんなアルバムのような気がする。とにかく頭からしっぽまで綺麗。うるわしい。一人で聴くシーンならどこでもあう。そして少しだけ寂しくなる。何が寂しいのかわからないけど、この曲はとにかく私をセンチにさせる。生音だからこそこの温かみがあり、管楽器とエレクトーンの融合こそが冷たさを生んでいる。この絶妙な”温か冷たい”がセンチにさせる。くるんでくれてるのか突き放されているのか、それは聴き手の受け止め方次第で、私はそれを1周する中で往復する。でもどんなに揺れ動いても最後の「Sinful」はちゃんとゴールを用意してくれている。アコースティックのリフレインが郷愁感を醸し出し、血の巡りを意識させる。そして生気を取り戻す。不思議なアルバムだが、完全に高い期待値をはるかに上回った。

 

 

 

1位 N.E.R.D – NO ONE EVER REALLY DIES

No One Ever Really Dies

このアルバムを聴くまでファレルウィリアムスがヒップホップグループの一員だったことを知らなかった。そして冒頭の「Lemon」からぶっ飛んだ。ちょっと古いけど、その古さがクセになる。明らかに今の若手ラッパーとは一線を画す。なんでこれが一位か、それはもう圧倒的ポップさでしかない。なんだこの歌いやすさは。覚えやすさは。そして楽しさは。楽しい。楽しいしかない。でも「Don’t Don’t Do It!」のようなブラックライヴズマターに紐づけられる実話をもとにした社会的なメッセージを含んだ楽曲も織り交ぜる。それは「This Is America」でチャイルディッシュガンビーノが提示した形とはまた違う、黒人差別に対する抵抗だった。フジロックにも登場し、大いに観客を盛り上げた彼らだが、ケンドリックラマーもチャンスザラッパーも上陸した今年にN.E.R.D.が帰ってきたことはとても私の中では大きなことだった。文句なしの再生回数。1位です。

 

 

 

 

まとめ

以上、全269枚のアルバムのベスト50を発表した。もちろんこれは現時点のものであり、アルバムは何度も聴いていくうちに良さが分かったり、飽きてしまったりするもので、来年になればまた違う順位になっているものもあるだろう。今年の総評としては、もうどこを切り取ってもヒップホップしかないということ。特にトラップミュージックと呼ばれるジャンルは、基本的にポップスが好きな私には、6lackもMigosもFutureもTravis ScottもYoung ThugもLil WayneLil Uzi Vertも分からないし、かといってPost Maloneが好きかと言われればそうでもないし、その辺との相性は悪いなあと日々ギャップに悩んだり。ロックが好き!という人間でもないので、別にロックが少ないことを嘆いたりはしないし、ちゃんとこうやってTHE1975はロックの形を更新している。海外はどんどんその音楽変化させていて、日本もそれについていけたらいいなあなんて願望も抱いている。結果として、わかりやすい音楽が上位に来た一方で、ヒップホップに限らず世界の多種多様な音楽を聴けたことが何よりだと思う。2019年はもう少し聞く音楽を絞って、いつまでもセンスをとがらせて平凡な毎日を過ごしたいなと思っている次第。