2月の楽曲一覧にしました。リンクがあるものは、いろんな意味で聞いてみてほしい曲たちです。どんな意味かは各々悟ってください。下にいくほどお気に入り度が高いです。ではどうぞ。

 

超能力戦士ドリアン – 焼肉屋さんの看板で牛さんが笑っているのおかしいね
AliA – かくれんぼ
Bamboo – ウタウタイ
CREAM – PLAYBOY Remix feat. t-Ace
Absolute area – 遠くまで行く君に
MOROHA – エリザベス
SAKANAMON – 鬼
フレデリック – スキライズム
Saucy Dog – ゴーストバスター
CYNHN – wire
吉澤嘉代子 – 最終回
つばきファクトリー – ふわり、恋時計
コレサワ – パープル
CHEMISTRY – もしも
つばきファクトリー – 三回目のデート神話
サイダーガール – 化物
私立恵比寿中学 – 曇天
Cö shu Nie – 絶体絶命
illmore – Drunk feat. BASI
MOSHIMO – 釣った魚にエサやれ
KANA-BOON – ハグルマ
浅井健一 – HARUKAZE
THE BEAT GARDEN ー – メッセージ
みきなつみ – 明日も私はワタシだし
FINLANDS – UTOPIA
吉田凜音 – #film
GIRLFRIEND – ヒロインになりたい
KANA-BOON – 春を待って
TEAM SHACHI – ROSE FIGHTERS
大森靖子 – 絶対彼女 feat. 道重さゆみ
持田香織 – てんとてん
宮本浩次 – 冬の花
植田真梨恵 – FARChara×BASI(韻シスト) – Sweet Night Fever
ポルカドットスティングレイ – DENKOUSEKKA
the peggies – マイクロフォンU-zhaan×環ROY×鎮座DOPENESS – BUNKA
フレンズ – 地球を越えても
goomiey – アイロニー
Kis-My-Ft2 – 君を大好きだ
CHAI – CHOOSE GO!
TEAM SHACHI – グラブジャムン
2 – フォーピース
ステレオガール – ぼくらはわかくてうつくしい
マカロニえんぴつ – ブルーベリー・ナイツ
ウルフルズ – リズムをとめるな

BAND-MAID – Bubble

Gottz, Yo-Sea & Neetz “Neon Step”
majiko – 狂おしいほど僕には美しい

わーすた – くらえ!必殺!!ねこパンチ★ ~私達、戦うにゃこたん【レベル5】

かわいいので全員観ること。いいですか?

吉田凜音 – MU
神山羊 – 青い棘
Nulbarich – Sweet and Sour
ももすももす – 木馬
KEITA – Don’t Leave Me Alone

間違いなく良曲だしみんなも聴いてほしいんだけれど、こう、なんだろう、もう少しメロを抑えめにしてくれるか、もっとフックをたくさん作ってくれるかのどっちかに寄ればもっと面白く聞こえて高評価になるのかなあって。w-inds.もそうだけど、あきらかに海外の音を意識してすごく作りこまれているのに三浦大知は再評価の流れになってもw-inds.はなかなか帰ってこられないのがもどかしい。

Sweet William × Jinmenusagi – opium feat. Jin Dogg
SALU – LIGHTS
フレデリック – 逃避行
ONE OK ROCK: Wasted Nights
ASIAN KUNG-FU GENERATION – 廃墟の記憶
ゲスの極み乙女。 – だけど僕は

柴田聡子 – 涙

イギリスのインディーミュージックを聴いているような錯覚を起こす。柴田最高。

ケンチンミン – Routine feat.唾奇 (prod. by illmore)

なめたMVしやがって。かっこいい。唾奇はいつ聴いてもいい。

くるり – Tokyo OP

sora tob sakana – knock!knock!

病みつきになる。

Utada Hikaru – Too Proud (Remix) feat. Yo-Sea

ドミコ – ペーパーロールスター

日本で数少ない「ドミコ聴いてる俺かっけえ」って思えるバンド。立ち姿も音楽性もMVも、気張り過ぎないかっこよさがあって、とてもセンスが好きだ。さあここからどこまで抜けた存在になれるか。もう少しかな。

桜エビ〜ず – 214

これこそアイドルならではの模範的な変態JPOP。JPOPっぽくしてるくせに実はめちゃんこキモい。MVが雨の中のキュウフン(台湾)ってのも同じ境遇だったからおもわず最後まで見てしまった。初めて桜エビ~ずの曲を認識した(もちろん知っていたし聴いてもいたけど耳に残ってなかった)。

NakamuraEmi – 雨のように泣いてやれ

ここにきてNakamuraEmiが再びファイヤーしてる。なんでこんな泣きそうになるのか。歌詞にそんなに引き込まれるタイプでもないのに、ついつい彼女の歌い方とメロと歌詞の意味のリンクがきれいすぎて、女でもないのに女の歌で泣きそうになる。女性の辛さとかわからないのにグッとくる。去年の年末のフェスで思わずぼろ泣きしてしまったし、すごく大切なアーティストの一人。大好きです。

あいみょん – 夢追いベンガル
今あいみょんは何歌っても刺さるからちょっと無双モード過ぎてせこい。こんなローファイな楽曲はせこい。

THE NOVEMBERS – DOWN TO HEAVEN

げっ!!とんでもないアルバムになってるんじゃないか!と期待ばかりが膨らむ楽曲。これはやばい。ロック界で最もヤバイ。

女王蜂 – 火炎
VaVa – Chapter
山下智久 – Reason

山Pの音楽活動は正直言って大反対というか、大っ嫌いな部類で。何がってまず声が残念でうまくなくて歌詞とタイトルが死ぬほどダサすぎて聴いてられないという地獄絵図だったことが大体の原因である。でも、この歌い方ならあのダメダメな声質も音痴も楽曲のクールさでカバーされなんだったらそれに私は騙されて高順位に評価してしまっている。悔しいけどいい曲だ。男前なのは間違いないし、第一中学生の頃は彼になりたくて真似っ子ばかりしていたぐらいだし、だからこそ音楽活動はやめてほしかったんだけど、うーんこれならオッケイ!まあ海外にもたくさん行って英語でインタビューとかもしたりして自分なりにアウェーな環境を作っている努力も知っているし、やっぱり山下智久自体は嫌いになれない。かっこいい。好きだ。

赤い公園 – Highway Cabriolet

これだけ高クオリティなギターロックをやっているのに誰も彼女たちをメインステージに上げないのはどうしてだ!!動員数か!!それなら石野理子が持っているからはやくあげろ!!あげろ!!天才バンドだぞ!!!

ちゃんみな – I’m a Pop

アメリカンラップ大好き某評論家も大絶賛なのは予定通りとして、いやあこれはやっぱりあっぱれでしょ。ちゃんみなにしかできない韓国語と日本語と英語のヒップホップ。しかも時代の音楽をちゃんと日本の商業音楽に落とし込めている。ついこないだはめっちゃ売れに来てるなあって感情が先に来たけど、これはおもわず「やるやん!」と膝を打つ。やりたくても日本ではなかなかゴーサインの出にくいジャンル。ちゃんみなだからこそできる音楽だね。

DJ JAM (YENTOWN) – Sky Limit feat. WILYWNKA

WILYWNKAのラップが好きだ。難しいことは分からないけど、このトラックに彼のライムはリピートしたくなる。現に何回もしている。DJ JAMは初耳なんだけど、また面白い人を見つけたなあとワクワクしている。1位で決まり。